広告

<body><!-- admax -->
<script src="//adm.shinobi.jp/s/e77f1b1c7ba11e2439a51d80d26e66bb"></script>
<!-- admax --><body>

マネーニュース

ボーイング「飛行機制御ソフト、時給990円バイトに任せればコスト削減できる」

投稿日:

1: クロイツラス(宮城県) [US] 2019/07/06(土) 10:03:16.60 ID:LlPTBwZ00●

5cc72b7c16c65a2909715d4c-960-720米ボーイング、737MAX墜落事故の遺族に108億円支払いへ
https://www.cnn.co.jp/business/35139472.html

737MAXの欠陥ソフトウエアは低賃金、大学を出たばかりの臨時社員が開発

司法省がボーイングの捜査範囲を737MAXから787ドリームライナーにまで拡大すると報じられる一方で、ボーイングのエンジニアは窮地に追い込まれている同社内部の、もう1つの誤算について語った。

ブルームバーグは6月28日(現地時間)、ボーイングとそのサプライヤーは737MAXのソフトウエアの開発とテストの一部を臨時社員に行わせていたと報じた。これらの臨時社員 ── そのうちの何人かは大学を卒業したばかり ── は、インドのテック企業HCLテクノロジーズとCyientの社員、もしくは契約社員だった。

テスターや開発者の中には時給9ドル(約990円)の人もいたとベテランエンジニアはブルームバーグに語った。
ボーイングの元フライトコントロールエンジニア、リック・ルトケ(Rick Ludtke)氏は、アウトソーシングへの移行は
コスト削減のためと語った。

「ボーイングはコスト削減のためにあらゆることを行った。ピュージェット湾からの移転などを含めて、考えられることすべてを。なぜなら我々は非常に高コストになったから」とルトケ氏はブルームバーグに語った。

「ビジネスの観点から見ると、すべてよく理解できる。だが、時間の経過とともにボーイングの設計者の能力は徐々に低下しているようにみえる」

737MAXのソフトウエアの欠陥は、2018年10月と2019年3月に2件の墜落事故を起こし、346人が死亡した。
737MAXは3月の墜落事故の後、世界中で飛行停止となり、第1四半期、事故に関するボーイングの費用は
10億ドル以上にのぼった。

https://www.businessinsider.jp/post-193842

5: ネックハンギングツリー(熊本県) [FI] 2019/07/06(土) 10:05:59.85 ID:9ylQKeZW0
安物買いの銭失い


続きを読む

Source: マネーニュース2ch
ボーイング「飛行機制御ソフト、時給990円バイトに任せればコスト削減できる」

MT4

-マネーニュース

Copyright© 資産形成チャンネル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。